カテゴリー別アーカイブ: 鍵について

玄関の鍵を多種多様

昔は、各家庭の玄関の鍵は一つと決まっていました。
伝統的な日本家屋の玄関の引き戸では、左右の扉の真ん中に穴を開け、金具を取り付けたものが多かったのです。
そして、玄関の鍵は主に世帯主や主婦だけが持っていることもしばしばでした。
泥棒は、窓から入ってくるというのが常識の時代でした。
現代では建築様式も変化し、一般家庭の玄関は、引き戸ではなく開き戸が一般的になりました。
それに伴い、玄関の鍵も多種多様になっています。
マンションでもオートロックが普及し、共用のエントランスの鍵と自宅の鍵が同じである場合もしばしばです。
近代建築が広まると、泥棒の手口も変化しました。
昔は窓から侵入したのが、最近では玄関から堂々と入る泥棒が増えたのです。
マンションなどのビルは、壁も高く、窓も厳重なサッシで閉められています。
そこで考えられたのが、何らかのスキを狙って玄関から入るという方法だったのです。
一例が、主婦が朝ゴミ捨てに行っている間に、侵入するというものです。
少しの間だからといって、鍵を掛けずに家を空けるのが盲点になったのです。
また、人通りの少ない角部屋などを狙い、玄関の鍵をこじ開ける手口も少なくありません。
このような情報が知られるにつれ、様々な自衛策も立てられています。
その一つが玄関に複数の鍵を取り付けるというものです。
玄関の鍵を開けようとする泥棒は、複数の鍵を開けなければならないと時間がかかるので、諦めやすいのです。
鍵の技術はどんどん進化していますが、複数の鍵も効果を発揮するのです。