防犯を意識したカギの選択

空き巣対策のため防犯に適したカギに変更することがありますが、注意しなければならないのはピッキング対策だけに意識を囚われてはならいことです。
なぜなら、家屋への侵入者がシリンダーを壊して入るケースもあるからです。
その為シリンダーの破壊行為による耐久性能についても、併せて検討しなけれなりません。
このような防犯を意識したカギは防犯規定認定テストというものを一つの目安とするといいでしょう。
また補助カギといって、ドアにカギを二つ設置することも防犯上の常識となっています。
ワンドアツーロックという言葉がある程です。
二つ目のカギ穴は、家屋への侵入者を遠ざけるという心理的な効果もあります。
費用を掛けてまで防犯するほど意識が高い家庭の家屋へ入ろうとする者はいません。
また、二つ目のカギはピッキングする際に時間が倍になるのも見逃せない点です。
進入に要する時間が倍になるため、心理的な効果以上の防犯効果が期待できるのです。

Posted in カギ | Tagged , , , | Leave a comment